2016年10月17日

玉子焼用特大鍋

弁松では毎日深夜から職人が玉子焼を鍋で手焼きしています。
一人で同時に三つの鍋を扱います。鍋はけっこう重いです。
腕の力だけで焼こうとすると手首がいかれてしまいます。
体全体を使って焼くと軽々と焼けるのです。

そんな玉子焼用鍋ですが、物置から数十年前に使用していたと
思われる特大鍋が発掘されました。(左が現在使用している鍋、右が特大鍋)

大鍋1.jpg

大鍋2.jpg

銅ではなく鉄製で重さも二倍近くあるかもしれません。
これで楽々と玉子焼を焼いていた昔の職人はかなりのパワータイプだったと
思われます。人も道具も昔より華奢になってしまったのかもしれません。

それでも濃ゆい味は変わらぬようがんばります。
posted by 松次郎 at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。