2016年06月12日

2016 山王祭A

日本橋の橋を境に日枝神社と神田明神の氏子に分かれています。
山王祭は日枝神社の氏子である島屋側の町会の人たちが御神輿を
担ぐので、弁松の本店がある室町などの橋の三越側の町会の人たちは
今年は御神輿は出しません。

しかし、橋の上でこっから先は神田明神のテリトリーだから入って来るな
というような通せんぼをするお役目があります。「差し」という出迎えの
儀式です。

2016山王祭7.jpg

三越側の町会のメインキャラ勢揃いです。弁松も誰かしらここに立っているべき
なのですが、大量のご注文をお作りした仕事明けだったので残念ながらパスです。

2016山王祭8.jpg

御神輿が順番に橋の真ん中まで来ます。声援を受けてまたUターンして行きます。
全部過ぎ去るまで一時間以上かかったようです。
その後、一部の御神輿は島屋の店内まで行きました。

2016山王祭9.jpg

2016山王祭10.jpg

来年の神田祭では、立場が逆になります。
また橋の上は盛り上がることになるでしょう。

しかし、神田祭でもさらに多くのご注文をいただくため、弁松の者はあいにく
その光景を一度も観たことがありません。
posted by 松次郎 at 21:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
6月12日(日)の9時過ぎにタクシーで銀座に向かう途中、日本橋を通過し、コレドの前まできたら日枝神社の御旅所やら山王祭の旗やら神輿やらとびっくり。
さらに、中央通りを進むと、京橋エリアでは町会の神輿を担ぐ集団と遭遇。
日本橋を境に神田明神と日枝神社に氏子がわかれているんだなと思っていたところ、松次郎さんのブログで納得。

話は変わりますが、現在、日比谷の勤務先で女子社員が昼食会の弁当選びをしていたので、立場を利用して弁松を入れるようにアピール。
さて、どうなるか。
Posted by 柳太郎 at 2016年06月13日 08:20
柳太郎様

いつもありがとうございます。

9時ごろは茅場町から御神輿が出発していたと思います。
通行止めに引っかからなくて幸いでした。

また、宣伝ありがとうございました。
果たして結果はどうなるか楽しみにしております。
Posted by 弁松総本店 at 2016年06月13日 18:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。