2012年06月13日

江戸東京博物館 日本橋展

7月16日(月)まで、江戸東京博物館にて「日本橋」展が
開催されています。期間限定の特別展なのでお見逃しなく。

江戸東京博物館1.jpg

江戸東京博物館2.jpg

今回の展示は、浮世絵が中心で、絵葉書も少しありました。
どこかで見たことのある浮世絵はもちろん、こんなものまであったとは
というレアなアイテムも多数です。

去年は日本橋架橋100周年を記念して、同様の展示会が方々で開催されました。
去年は華麗にスルーして、今年の江戸東京博物館開館20周年記念としてやるところに
大人の事情が伺えます。
まさかの本命が翌年来るとはうれしい誤算でした。

そして、もう一つのうれしい誤算は、会場を出てから注目の作品が
展示してあることです。
会場を出ると、物販コーナーがあるのですが、そちらの浮世絵販売コーナーに
「日本橋改(あらため)」という作品が展示販売されていますが、これは必見です。

日本橋の高速道路の上に、さらに新たな日本橋が架かっているという力技な
デザインです。詳細は、こちらを!
続編で「高速道路改(あらため)」、その次は「日本橋さらに改(あらため)」...と
続けて行けば壮大なシリーズになるかもしれません。

それから、時間がなくて見れませんでしたが、常設展の目玉である江戸時代の日本橋を
実物大で(ただし北半分だけ)再現した橋が、ライトアップがリニューアルされて
さらに迫力がUPしたそうです。

お時間のある方は、ぜひ一周なさってみて下さい。
posted by 松次郎 at 08:10| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。