2011年08月15日

しょうがご飯

弁松の弁当の片隅に必ず入っている「辛煮」。

しょうがと昆布を、甘辛ではなく辛く煮るので「辛煮」です。

折の中でも、甘いおかずばかりの中、仲間はずれな感じですが、
そこが逆にいいアクセントになっていて、箸休めの重要な任務を
担っています。

単品売りもしているこの「辛煮」、今回はこれを使った食べ方を
ご紹介いたします。

しょうがご飯.jpg

しょうが飯のおにぎりです。

辛煮を刻んで混ぜただけですが、ピリッとした味の美味しいおにぎりが
出来ました。別におにぎりにしなくてもいいとは思いました。

弁松では、季節限定で新しょうがのしょうが飯も販売していますが、
辛煮のしょうが飯は、また一味違った味わいです。

ぜひ、お試し下さい。

辛煮の単品売りは、本店でのご予約の他、日本橋三越、銀座三越、日本橋高島屋、
新宿伊勢丹の各売場でも常時販売いたしております。
100g 703円です。
posted by 松次郎 at 08:34| Comment(0) | おすすめの食べ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。